高卒者の転職活動の仕方

高卒者の転職活動の仕方の画像

高卒の方が転職活動をする際には、学歴を気にしている人が多いです。

高卒という学歴は、転職活動においても影響を及ぼすものなのでしょうか?

高卒者の転職活動環境や転職活動の仕方について見ていきましょう。

1. 大卒以上を求める求人

大卒以上を求める求人のイメージ画像転職活動をはじめて求人サイトを見てみると、少なくはない企業の応募要件で「大卒以上」の学歴が求められている事に気づくはずです。

既に、仕事経験があるのだから学歴よりもこれまでの実績を見て欲しい、というのが高卒の人の本音だとは思うのですが、まだまだ昔の学歴で評価する採用活動が残っているというのが現状です。

しかし、これらの学歴重視をしている企業であっても、本音は仕事のできる人が欲しいということが多く、高卒の人であっても経験豊富であったり、仕事ができそうな人の場合、採用選考に参加できる確率はかなり高いです。

ですので、「大卒以上」を求めている企業でも、どうしてもそこで働きたいということでしたら、事前にメールや電話で確認をして採用選考に参加できるか聞いてみるとよいでしょう。

「大卒以上」を求める企業というのは年々減少傾向にありますので、採用において重視されるポイントが「学歴」から「仕事ができるか、できないか」へ移り変わってきているのは間違いないです。

2. 高卒の人が履歴書、面接でアピールすべきポイント

高卒の人が履歴書、面接でアピールすべきポイントのイメージ画像高卒の人が採用選考に参加できるか、できないかは、求人の募集要件を見たり、メールや電話をすることで確認は済んでいるはずですから、履歴書や面接の段階では、もう「学歴」について気にすることはないです。

ただ、学歴に関して高卒で就職するにいたった経緯などは面接官も気になるかもしれないので、聞かれた際に答えられるように準備しておくとよいでしょう。

そして、他の転職者同様に面接官が一番気になっているのが、「なぜ前職を辞めたのか?」という事です。

なんらかの前向きな転職理由があったなら、それをきっちり説明すると人事の不安も消えることでしょう。

逆に後ろ向きな理由で転職をするような場合は、その事には触れないで前向きな理由を話すか、あるいは正直に後ろ向きな理由を話して、そこから前向きに転職するに至った経緯を話すと良い印象を与えることができるはずです。

ただし、絶対に後ろ向きな退職理由の説明だけで話を終わらせないように注意しましょう。

あなたが帰った後に、その後ろ向きの理由だけが面接の際の印象として人事の人に残ったり、メモが残ったりしてしまった場合、選考を通過する上でかなり不利になってしまうからです。

履歴書や面接などでネガティブなことを話す場合は、必ずその後にポジティブな情報を付け加えるという事を忘れないようにしましょう。

3. 高卒の人が頑張ることで、次に続く高卒の人の転職への道が開かれる

高卒の人が頑張ることで、次に続く高卒の人の転職への道が開かれるのイメージ画像ここまで見てきたように、転職活動においても徐々に高卒の人が不利になる部分は減ってきています。

しかし、それでもまだ、求人情報の募集要件に「大卒以上」を上げる企業はたくさん残っているのが現実です。

こういった現状を打破するためには、転職を実現した人が転職先で活躍することが重要です。

高卒の人の評価を上げるのは高卒の人にしかできないからです。

皆さんも転職ができた際には、ぜひ仕事を頑張って高卒の価値を上げていってほしいと思います。

それでは、高卒からの転職活動をより深く理解するために「高卒者の転職事情」で、高卒者の転職環境について見てくことにしましょう。

関連記事

上に戻る

高卒転職マニュアルトップページへ戻る

上へ
戻る