高卒者が転職活動の面接でよく聞かれる質問内容

高卒者が転職活動の面接でよく聞かれる質問内容のアイキャッチ画像転職者を対象とした面接にも、よく聞かれる質問というものがあります。

面接のためのマニュアルを作っている企業もたくさんあるので、同じような質問が多くの人にされているのです。

これらの質問への回答をその場で考えるのも良いのですが、前もってある程度用意しておくことで余裕を持って回答出来るようになり、面接官に「落ち着いた、信頼の持てる人」という印象を残す事ができるかもしれません。

面接では、ちょっとした差が合否の分かれ目になることも多いので、事前対策を行なっておくと良いでしょう。

以下では、面接でよく聞かれる質問例を上げ、それぞれの質問がどのような意図でされているのか、回答にはどのような事が求められているのかを解説していきます。

1. 「転職した理由はなんですか?」という質問への回答

「転職した理由はなんですか?」という質問への回答のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像転職理由や退職理由は、企業にとって最も重要視している質問です。

この質問の回答次第では一発で不採用になる可能性もあると思って、しっかり想定回答を考えておきましょう。

人間関係に問題があった場合は、転職後も同じ事で再度転職してしまうのではないかと思われてしまいます。

短期で辞めていると我慢強さが無いと思わる可能性があります。

企業側に大きな問題があったとしても、あまり企業を責めてばかりいては自分の責任は感じていないと思われかねません。

正直に理由を説明する場合には、面接官が不安に思うであろう事をしっかり想定して、転職後には同じ事にはならないと言えなければならないのです。

もし、そういった事がどうしても難しいという理由で転職したのであれば、以下の様に転職理由を前向きな理由に変更するという方法もあります。

本音の転職理由を前向きの転職理由に

転職理由について調査した結果によると、転職者が面接で転職理由を聞かれて答えた内容には「キャリアアップ」が最も多いようです。

キャリアアップとは、技術や能力、経験などを積み、成長するという事です。

しかし、本音の転職理由を聞いてみると、「人間関係」「待遇への不満」などが最も多いという調査結果があります。

こういった本音の転職理由を話してしまうと、やはり面接において評価を大きく下げてしまう可能性が高いので、キャリアアップなど前向きな転職理由に変えて伝えるという方法もあると知っておくと良いでしょう。

2. 「なぜ当社に応募したのですか?」という質問への回答

「なぜ当社に応募したのですか?」という質問への回答のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像数ある企業の中で応募企業を志望した理由を聞くことで、企業へ貢献してもらえそうか、長期的に活躍してくれるのかといった事を確認しています。

特別な思い入れや、どうしてもその企業でないといけない理由、企業の中で実現したい事などがある人は、転職後に活躍する可能性が高いので、そういった人を優先的に採用したいと考えています。

しかし、誰もがそういった強い志望動機を持ちながら転職活動を行っているわけではありません。

転職求人情報サイトを見ていたらたまたま見つけたといった場合や、大企業で知名度が高く以前から知っていたり、という様な理由で応募したという人も多いです。

こういった場合で、正直に志望理由を話していては採用はないでしょう。

以下の様な対策をきっちりして、志望動機を熱意を持って伝えられるようにしておきましょう。

志望動機を考えるのに、企業情報を活用しよう

志望動機については、強い思いをもって企業に応募するのなら良いのですが、それ程強い志望動機を持っているという場合は少ないはずです。

そういった場合には、企業のホームページを見たり、企業関係者の話を聞いたり、企業の商品を実際に使ってみたりして、そこで感じたことと志望動機を結び付けて説明するようにすると良いでしょう。

志望動機がそれ程明確にある訳ではないというのは面接官側も知っているので、出来るだけ詳しく調べて、「〜に魅力を感じて応募させて頂きました」とアピールできれば、よく調べているということで志望度の高さを評価してもらえる可能性があります。

転職者には、ありきたりな志望動機を述べる人が多いので、少し人より調べたり、人に会って話を聞くなど手間をかけていると、それだけでも差別化できる可能性が高いのです。

3. 「以前の会社で身につけた業務スキルを当社でどのように活かせますか?」という質問への回答

「以前の会社で身につけた業務スキルを当社でどのように活かせますか?」という質問への回答のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像即戦力として期待出来る人材を採用したいと考えている場合に、良く質問されます。

業務スキルについて詳しく説明させる事で、どれ位の技術を持っているのかをはっきりさせ、採用後に活躍出来るのかを確認します。

こういった業務スキルについて質問がなされるときには、相手もそれなりに業務知識を持っている面接官である可能性が高いです。

ですので、適当な回答をしているようでは、様々な矛盾点から評価が悪くなってしまうかもしれません。

事前に、自らの業務スキルを整理しておくと良いでしょう。

前職でそれ程長い間勤めていたのではなく、業務スキルと言える様なものを身につけていないとして、相手は履歴書などでそれを承知しながら聞いているので、何も無いと答えるようではいけません。

新人研修や少しの期間でも仕事をしていれば学んだこともあるはずですので、その中からどの企業でも活かす事が出来るスキルをアピールすれば良いでしょう。

応募企業の事業内容について調べておく必要がある

この質問に答えるためには、自らの職務経歴の棚卸しをするだけでなく、応募企業の事業内容についてもよく調べておく必要があります。

「どのように活かす事ができるのか?」までが問われているのですから、相手の事業内容が分かっていないと答えることは出来ないからです。

業界は同じでも、行っている事業内容は大きく違うということもありえます。

もし、見当違いの提案をしてしまっては、採用はないでしょう。

志望動機などを述べる際にも利用する事が出来るので、前もって応募企業の事業内容についてはよく調べておくようにしましょう。

4. 「これまでの仕事で失敗した事はありますか?」という質問への回答

これまでの仕事で失敗した事はありますか?のアイキャッチ画像前の企業で行った業務の中で失敗やミスをした場合に、それらに対してどの様に対処したかを確認するために質問が行われます。

失敗に対して適切な対処を行い、同じ事を繰り返さないようにしているのか、マニュアルなどを作り他の人にも徹底したかなどを知ることで、失敗から学べる人であるかを判断します。

失敗をしても、それを隠してしまったり、自らの責任では無いと考えてしまう人も中にはいます。

しかし、そういった態度では本人も成長していかないですし、業務にも支障が出る可能性があります。

失敗を無くすことは不可能ですが、失敗を次に活かす事が出来る人は評価されるのです。

失敗に対して具体的な対策を行ったかどうかが重視されている

仕事をしていれば失敗する事も多々ありますが、その失敗に対してどういった対策を施しているかでその人の仕事への取り組み姿勢が分かることが多いです。

例えば、

指示されていた事とは違う事をしてしまい、一からやり直すことがあった
   ↓
メモを書かさず取り、todoリストを作成して一つ一つ片づけるようにしている

といった事であれば、ちょっとした事ではあっても一度してしまったミスを二度と繰り替えさない方法を考えて、実行していることから失敗から学べる人と評価される事でしょう。

しかし、

必要な書類を忘れてしまい、取引先に迷惑をかける事があった
   ↓
それ以降は注意する様にしている

といった場合には、注意という曖昧な対策しか取れていないので、今後も同じ失敗を繰り返す可能性があります。

仕事では基本的に同じ失敗を繰り替えさない事が重要ですので、精神論の対策を述べる人は仕事への取り組み姿勢がまだまだ甘いと考えられてしまいます。

具体的な対策を考えて、失敗を起こさない状態に出来ているのかが重要になってきます。

5. 「仕事でのストレスとどの様に向き合っていますか?」の質問と回答

仕事でのストレスとどの様に向き合っていますか?のアイキャッチ画像残業が多かったり、長時間集中力が必要な職業が増えている事から、鬱病や精神疾患に陥る人が増えており、企業もストレス対応について重視しています。

普段の生活面からストレス発散を心がけているのか面接で尋ねられているケースが増えています。

ストレス耐性が強いのであればそのことをアピールしよう

特にストレス発散の為に何かをしているという訳では無くても、体力があり、ストレス耐性が強い人というのはいます。

こういった人は仕事でもバリバリこなせる人が多いので、企業でも活躍している人が多いです。

当然企業側もこういった人は採用したいと考えるので、ストレス耐性が強い事をアピールすれば良いでしょう。

ただし、そのままストレスに強い性格ですと言っても信用して貰えない可能性が高いです。

ですので、学生時代にスポーツをしていたので鍛えられた事や、今現在も何らかのスポーツをしているのなら、それがストレス発散になっているということを話すと良いでしょう。

また、前職においてストレスがかかる仕事をしていたのなら、そういった場面でも問題なく対処していた事をアピールしましょう。

日々の生活から心がけているストレス発散法をアピール

上記したようなパワフルな人であれば良いのですが、そういう人ばかりでは無いです。

ストレスに弱くて、様々な工夫をしながらなんとか仕事をこなしているという人もいるかもしれません。

そういった人もストレスに対処しながら仕事を行えているのですから、そのストレス発散方法について説明すれば良いでしょう。

  • なるべく早く起きて、ウォーキングをしている。
  • 早めに出勤して、時間に追われないようにしている。
  • 週末は、友人と野球、サッカー、テニスなどをして汗を流している。
  • 休日には睡眠時間を十分に確保し、気分をリセットしている。

など、前職のころから行っているストレス発散方法について説明すれば、納得してくれるはずです。

ただし、毎日睡眠を十分取っているといった事や人間関係で悩まないために人付き合いはあまりしないという様な事をアピールするとマイナスアピールになりかねません。

残業はしてくれるのか、付き合いによる人間関係を深める事はしないのかなど不審がられてしまう可能性があるからです。

あくまで仕事に差し支えの無い範囲でのストレス発散法をアピールするようにしましょう。

仕事でのストレスとどの様に向き合っていますか?まとめ

ストレスに弱い人はこの質問をされると一瞬ドキッとするかもしれません。

しかし、しっかりストレスに対処し、仕事が出来ているのなら何も問題はありません。

1人1人に違った様々なストレス発散法があると思いますので、それらを説明し、転職後も仕事をしっかりこなしていくとアピールしましょう。

6. 「出張や出向は可能ですか?」という質問への回答

「出張や出向は可能ですか?」という質問への回答のアイキャッチ画像子会社やグループ会社がたくさんある場合や機材やシステムの導入などで他社で働くケースがある時などには、出張や出向を命じられることがあります。

他社で働く事をいやがる従業員も少なからずいるので、面接でも質問されることがあります。

こういった質問にはどのように答えれば良いのでしょうか。

面接官は可能ですという答えしか期待していない

こういった質問をするという事はその会社では出張や出向が行われているということですので、出張や出向が出来ない人は採用したくないと考えていると思って、ほぼ間違いないでしょう。

つまり、面接官は転職者に「可能です」という答えしか期待していないのです。

出張や出向は、労働法上も労働条件を明示して労働契約を結んでいる人には特に通知がなくても命令することが出来るとされているので、入社してしまえば命じられて断ることは出来ないと思っておきましょう。

この事に特に問題ないという事でしたら、「可能です」と答え、出張や出向はしたくないという事なら不採用を覚悟の上で「応じられません」と答えておきましょう。

出張や出向をイメージだけで判断しないようにしよう

出張や出向にテレビなどの影響からあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、あまり安易に悪い物だと考えるのは止めておきましょう。

出張や出向を通して、他社の働き方や他の地域の良い所などについて知ることが出来たり、他社の人と働く事により新しい技術が身についたり、人脈を広げたりも出来ます。

また、出向などの経験がある人だけが昇格できる役職があるという場合もあるので、避けすぎていると後々損をする事もありえます。

同じ職場で働き続けるのは楽かもしれませんが、様々な経験を通してのみ人は成長できますし、一度経験してみればそれ程の事でもないので、特に問題なければ問題ないと答えておけば良いでしょう。

「出張や出向は可能ですか?」という質問への回答まとめ

求人情報を見ただけでは出張や出向があるのかは分からないケースが多く、面接でも特に質問される事も無い場合は多いです。

労働契約書を結ぶ際に、就業規定や労働条件を明示した書類が渡されると思うので良く確認して、出張や出向がありうるという様な表記があるかないかは確認しておくと良いでしょう。

7. 「給与額はどれ位を期待していますか?」という質問への回答

「給与額はどれ位を期待していますか?」という質問への回答のアイキャッチ画像新卒の頃であれば、給与額について提案することはタブーとされていましたが、転職活動では給与額についてどれ位を希望するのかを聞かれる事があります。

こういった質問をされた場合には、どのような回答をすべきでしょうか?

あくまで相手次第、給与交渉は慎重に

給与について聞かれたとしても、無理なお願いをして相手の不満を買ってしまうようでは意味がありません。

日本では、年功序列の給与システムを持っている企業もまだまだ多いので、基本的にそのシステムに従うというのが転職者の場合も望ましいと考える企業が多いです。

ですので、企業側の提示額に準拠するという態度で臨み、給与額について交渉の余地があるようであれば、慎重に交渉に臨むようにしましょう。

求人情報にある程度の提示金額や給与例などが表示されている場合には、そういった情報も参考に交渉をすると良いでしょう。

転職では、以前の職場での給与額よりも給与が低くなることがあるので、そういった事態になる可能性があるかどうかは重要な事ですので、かならず確認しておきたい所です。

ただし、ボーナスや残業代、歩合などあまり深追いするのもあまり印象が良くないので、最終面接か、内定獲得後までは交渉を詰めない事も必要です。

多くの日本企業では、内定後にはっきりとした給与額が決まることが多いので、面接時には相手の様子を伺いながら給与額がどれ位になりそうか確認する必要があり、中々難しい所があります。

8. 高卒者が転職活動の面接でよく聞かれる質問内容まとめ

上記した質問はどの企業でも聞かれる可能性が高いので、事前に対策として回答例を用意しておくと良いです。

ただ、何社にも同じ回答をするのではなく、一企業ごとに回答例を用意する様にしておきましょう。

この他にも企業独自の質問というのが行われることも多いので、解答例を用意したもの以外の質問がきても、落ち着いてハキハキと答えるようにしたいです。

関連記事

上に戻る

高卒転職マニュアルトップページへ戻る

上へ
戻る