高卒者の転職事情

高卒者の転職事情の画像のアイキャッチ画像高卒の人も転職は可能なのでしょうか?

ここでは、今現在の高卒者の転職市場がどのようになっているのか紹介していきます。


1. 高卒者も、技術・スキルを持っているなら大卒と十分戦える

高卒者の転職活動の仕方」でも見たように、今でも日本では高卒よりも大卒が優先的に採用される傾向が強いです。

転職市場であっても、高卒と大卒が同じ条件で並んでしまうと、大卒が優先的に採用される傾向があります。

しかし、仕事は学歴でできるものではないのは皆さんご存知の通りで、転職者を採用する人事も同じように考えています。

これまでの就業経験において、技術、スキル、資格など保持していたり、成果をだしてきたということでしたら、大卒と十分肩を並べる事ができます。

例えば、前職が経理職の人の場合でしたら、資格として簿記2級、実務として決算を2回か3回ほど経験していれば、学歴による不利はほとんどなくなるはずです。

営業職をしてきた人なら、前職できっちり成果を出していれば、学歴などまったく問題になりません。

このように、学歴に変わる技術やスキル、資格や成果があるのなら学歴の不利を十分カバーできるので、きっちり履歴書や面接でアピールしておきましょう。

2. 募集要項で「高卒以上」の求人が増加中

学歴を問わない募集求人が増えているのイメージ画像10年、20年前は圧倒的に学歴を重視した採用が多く行われてきました。

しかし、最近では学歴と仕事のできるできないがあまり関係ないという事が分かってきたため、専門的な特定の職を除いて学歴を問わない求人が増えてきています。

当然、「大卒以上」という募集も徐々に減る傾向にあり、転職求人情報サイト内の募集要項に「高卒以上」というものが増えてきています。

また、昇進の基準などにおいても、昔は「大卒以上」などという基準があったのですが、こういった慣習も徐々に消えてきており、高卒者であっても仕事のできる人であれば上位の役職につくことも夢ではなくなりつつあります。

この様な傾向は、高卒者の人にとってチャンスが広がっているといえます。

3. 人材紹介会社を利用する人が増加中

人材紹介会社を利用する人が増加中のイメージ画像これまで就職活動であっても、転職活動であっても、一人で求人情報サイトから求人を探して、履歴書を送り面接に参加するという人が多かったです。

しかし、最近では、人材紹介会社を利用すると転職活動で有利になれるということを知る人が増え、多くの人が人材紹介会社経由で就職先や転職先を探すようになってきています。

人材紹介会社というのは、転職コンサルタントと呼ばれるアドバイザーが、転職活動をしている人の経験やスキルを見て、希望にあった求人を探して紹介してくれるサービスのことです。

人材紹介会社では、求人紹介だけでなく、履歴書の書き方から面接の対策まで懇切丁寧に教えてくれます。

転職コンサルタントは長年の経験でたくさん情報を得ているので、一緒に転職活動を行えば一人で行うよりかなり有利に進めることができるでしょう。

また、孤独になりがちな転職活動の支えにもなってくれます。

中々、転職活動がうまくいかないという事でしたら、人材紹介会社を利用してみることをおすすめします。

4. まとめ

転職市場においても、仕事現場においても、学歴だけでどうにでもなる時代は終わろうとしています。

結局のところ、企業は売上を上げていないと存続していくことはできないのですから、仕事のできる、できないが、その人の人材価値として評価される基準となるのも当然の事なのです。

学歴を気にせず転職活動に自信を持って臨むようにしましょう。

ここまでの説明で高卒転職者の転職環境が分かってもらえたと思います。

では次に、実際に求人サイトを見て、高卒者が応募できる求人にはどういったものがあるのか確認してみましょう。

求人サイト登録の際にプロフィールを登録しておくことで、条件にあった求人をメールで案内してくれるので利用しておくとよいでしょう。

また、求人サイトによってはスカウトサービスを提供していて、企業からオファーが来ることもあります。

こちらも登録する事で利用できるので、複数のサイトに登録しておくとよいでしょう。

以下のページで高卒の人が利用できる求人サイトを案内しています。

高卒者が転職活動で使える求人情報サイト一覧

関連記事

上に戻る

高卒転職マニュアルトップページへ戻る

上へ
戻る